もっと注文住宅について知りたい!そんな方にちょっと得する知識を紹介!

このサイトでは、注文住宅についてもっといろいろと知りたい人のために、ちょっと得する雑学や知識をお伝えします。
地元の工務店にお願いしたいと考えても、安定している会社かどうか気になる人もいるでしょう。
そんなときに経営状態を確かめる方法も紹介します。
大手ハウスメーカーに依頼する場合のメリットデメリットも知っておくと、業者選びの際に役立ちます。
いろいろな情報を集めて素敵な家を建てましょう。

もっと注文住宅について知りたい!そんな方にちょっと得する知識を紹介!

家を建てる際に縁起の良い日と悪い日があります。
結婚式は仏滅にするのは良くないと言われ、これは六曜による云われです。
一方建築に関しては、三隣亡と呼ばれる忌み日があります。
具体的には、10月の亥の日、11月の寅の日、12月は午の日が三隣亡になります。
この日は注文住宅における地鎮祭や上棟の日取りなども避けたほうが良いとされています。
カレンダー上では三隣亡が記されているものは少ないですが、調べると分かります。
家を建てるときは参考にしましょう。

相談窓口?住宅展示場?注文住宅のことで迷ったらこんなサービスを活用すべし!

家づくりは何から始めたら良いのか、どういう間取りにすれば良いのか、注文住宅を初めて建てる方にとってはさまざまな疑問が湧いてきます。
注文住宅のことで迷っている方は、ハウスメーカーや工務店が提供するサービスを利用すると良いかもしれません。
家づくりの始めのステップは情報収集です。
建築会社では無料で資料請求に対応していたり、相談会を行っている場合があります。
相談会に参加すると家づくりの説明をしてもらえたり、質問や疑問に答えてもらえることも。
住宅展示場のモデルハウスを見学すると、建築会社の実際の家づくりの様子が体感できる上、その場で質問したり、希望者には見学後に相談会が設けられていることもあります。
また建築会社以外で注文住宅に関する無料講座やセミナーなどが開催されていることも。
参加することで家づくりの知識が深められます。
さまざまなサービスが提供されているため、注文住宅の参考に利用してみてはいかがでしょうか。

注文住宅では最初のイメージづくりが大事!家族とはこのポイントを話し合おう!

新築一軒家を購入する場合は、選択肢は2つです。
まずは注文住宅でもう一つは分譲住宅です。
どちらにも長所と短所がありますので、家族構成であったり生活スタイルに合った家を決めていく事が必要です。
完成した時に満足度を高くするためには、最初のイメージ作りがとにかく大事なポイントとなってきます。
イメージづくりはプロがいると安心ですし、具体的にどういったことを中心に決めていく事が求められるのかも、レクチャーしてもらう事も可能です。
注文住宅は基本的に自由度が高いですし、費用をかければかけるだけのことが出来ます。
その分予算を上回ってしまう事もありますので、その辺は注意も必要です。
最初にイメージを作っておき、さらに譲れないところを決めておくことで後々揉めずに作っていく事が出来る可能性もたかまります。
あれこれやりたくなりますし、家族で揉めてしまうこともあるかもしれませんが、最初のイメージに沿って作り上げていくことを重視すれば上手く行きます。

デザインを重視した注文住宅を希望!どんな施工会社に依頼すべき?

デザイン性の高い注文住宅を建てたいと考えているなら、その要望にみあった施工会社を選ぶべきです。
最も自分たちのオリジナリティを大切に考えてくれるのは、設計事務所と言われています。
工事の施工とは切り離して設計が出来るので、デザイン性の高い注文住宅が出来る点がメリットです。
ただし、費用がかかる点は大きなデメリットとなるでしょう。
そのような場合は、住宅展示場やモデルハウスを見学することが大切です。
ハウスメーカーや工務店の中にも、お洒落なお家を建てることを得意とする業者はたくさんあります。
住宅展示場やモデルハウスにある住宅の中で優れたものがあれば、そのメーカーに建築を依頼することも可能です。
インターネットでも近年はあらゆる業者が施工事例として、これまで建てた家を画像で紹介しています。
それらの画像を参考にし、自分の感性にフィットした業者に相談することもおすすめです。
注文住宅を建てる前には、しっかりと自分のイメージにあった業者探しを行いましょう。

注文住宅の土地探しは地元の不動産会社や工務店に相談を!その理由とは?

マイホームの購入を機会に引っ越す人たちは、周辺環境などの地域の事情に疎いことが多いです。
したがって宅地の購入から家づくりを開始するためには、地域に密着した不動産会社や工務店のサポートが不可欠です。
地元の会社であれば、注文住宅の建築にも適した宅地もすぐに紹介することが可能です。
物件リクエストサービスがある不動産会社は、効率的に土地探しをする上でも非常に役立ちます。
しかし注文住宅建築に適した土地を買う場合には、価格や形状などを含めてさまざまな視点から物件を選ぶ必要もあります。
購入前に工務店や不動産会社と十分に話し合うと、希望する条件の宅地を手に入れることができます。
閑静な住宅街の中の質の高い宅地は、高級感のある注文住宅の新築にも適しています。
駅前にある分譲地は、面積が狭くても資産価値が高いのが魅力です。
一人一人の希望を丁寧に伝えると、不動産会社の担当者がライフスタイルに合った土地と建築プランを見つけてくれます。

お金のかかる注文住宅はマネープランが重要!自己資金はこれだけ準備すべし!

注文住宅を建てる時に自己資金はあればあるだけ良いですが、必ずしもこれだけの割合は絶対に用意しないといけないという事はありません。それはそれぞれに住宅以外にかかるコストも違えば、家によって維持費等が違ってくるからです。それでも確実に用意しないといけないのは、ローンの審査が下りない部分以外を支払える金額です。住宅を購入する時は総額や毎月のローンの支払額を気にしてしまいがちですが、近い将来に訪れるメンテナンス費用の事も考えて自己資金を用意するべきです。特に注文住宅では特殊な設計や設備を導入する場合もある為に、維持費がスタンダードな住宅よりも高くなることもあるので、事前に注意しておく事が大切です。住宅ローンは減税措置があったり、同じ時期でもキャッシングやカーローンと比べて金利が安い傾向がありますが、融資額が大きくて期間が長いので金利分の総支払額は大きくなりやすいです。総支払額を減らす為にも資金を用意できる場合はしておくのも良い方法です。

登録免許税や火災保険も!注文住宅にするなら諸経費の内訳まで把握を!

マイホームの新築を注文住宅でと考えておられるならば、避けて通れないのが建築に係る予算の把握になります。敷地から購入するとなれば建物の建築費以上に高額ですので、より綿密な計画を立てなければ後悔してしまう可能性も高くなります。土地や建物そのものの金額は見積書等で簡単に理解できますが、重要なものは入手するために発生する諸経費と入居後にも必要となる経費等です。例えば敷地を購入するためには業者を間に入れた場合には仲介手数料が、入手後にも登記費用や各種税金が発生します。新築した建物にも契約時の印紙代や建築時に必須の諸費用に、水道やガスの引込と地盤改良費も必要です。新築工事開始前から行われる行事もあり、建物にはも当然登記費用や取得税なども支払わなければなりません。住宅ローンを利用するとなれば借入れ前に支払うべき金額は、小さなものとは言えずメーカーに確認すべきもののひとつです。これらの全てを把握し更に念頭に置くべきは、入居後におくる実生活についてです。家を新築した事が生活レベルを下げる理由にはなりませんし、家具や設備にも新しいものを用意するのが一般的です。注文住宅で家を新築する際には物件の金額だけではなく、様々な金額が必要になりますので全てを把握した予算組みは避けては通れません。

注文住宅では住宅ローン開始前にこんな内訳で費用がかかる!

自分の理想的な家を希望する場合、注文住宅を建設することで希望を詰め込む事が可能です。通常の建売住宅とは異なりデザインや素材にまで拘る事ができるので、高額な支払いが必要になるケースが多いのも特徴となります。実際に注文住宅を購入した後はローンの返済が始まりますが、実際には住宅ローン開始前に必要な費用も発生します。ローン開始前に必要となる支払いの内訳を把握しておく事も、重要なポイントの1つです。契約時に支払う費用が発生する手付金や諸費用があり、特に手付金は現金で払う必要となるので把握しておく必要があります。手付金自体は土地と建設費用それぞれに支払いが必要となるので、ある程度まとまったお金を準備しておく事が大切です。他に家で使用する家財道具を買い揃えたり、引越し費用といった支払いも発生します。ローンだけでなく多くの費用を払う必要となるので、ローン開始前の内訳費用も準備しておく必要があることを理解しておく事が大切です。

住宅ローン開始前に必要な費用はどうする?注文住宅のつなぎ融資について教えます!

注文住宅を新築する場合、その代金は工事完了後に一括して支払うのではありません。通常であれば最初に着手金、次に起源を決めて中間金を支払い、最後に残りの金額を支払うことになります。したがってもしも住宅ローンの申し込みをするとしても、実際に住宅ローンによりまとまった資金が手に入るのは注文住宅の工事が完了してからとなるため、それまでの間の着手金や中間金の目処が立たなくなってしまいます。もちろん自己資金ですべてまかなうことができればよいのですが、着手金や中間金は全体の金額の数十パーセントというのが相場ですので、それだけでもかなりの高額です。そこで住宅ローンを提供している金融機関のなかには、住宅ローンによる借り入れが開始されるまでの間の資金需要をまかなうつなぎ融資の制度を導入していることがあります。つなぎ融資が認められれば住宅ローンの開始前に前倒しで資金の貸し付けが受けられますのでたいへん便利ですが、本体のローンよりも利率が高額で、日割り単位で計算されることには注意が必要です。

注文住宅で土地の購入費と建物の工事費を一本化して住宅ローンを組む!そのメリットは?

自由設計の注文住宅であれば、家づくりにも徹底してこだわることができる反面、その分だけ建築コストも増大してしまう傾向が強まります。このため予算に余裕のない方には、住宅ローンを駆使することで、理想とする住まいを手に入れるケースも珍しくありません。しかし通常の住宅ローンでは原則的に土地購入を対象としていない上、建物が完成しなければ、融資も開始できません。これでは融資前の段階で土地購入や建築費で大きな費用が必要になる注文住宅では、住宅ローンが十分に機能しないと言えます。そこで金融機関の多くは、つなぎ融資と呼ばれる独自の金融商品を用意することで、注文住宅における住宅ローンのニーズに対応できるようにしています。ただし注文住宅では土地探しや建築計画といった流れと、代金を支払うタイミング、そして住宅ローンの手続きなどを、同時並行で進めなければなりません。建売住宅などと比べれば、手続きの流れが複雑なので、施主には大きな負担になりがちです。そこで注文したいのが、つなぎ融資といった住宅ローンを組む際には、土地の購入費と建物の工事費を一本化すること。土地と建物のローンを別々に組んだ場合と比べて、その手続きや返済のタイミングがシンプルになって負担が軽減される上、ローンの手数料も安く済ませることが可能になります。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅についての知識

このサイトでは、注文住宅についてもっといろいろと知りたい人のために、ちょっと得する雑学や知識をお伝えします。地元の工務店にお願いしたいと考えても、安定している会社かどうか気になる人もいるでしょう。そんなときに経営状態を確かめる方法も紹介します。大手ハウスメーカーに依頼する場合のメリットデメリットも知っておくと、業者選びの際に役立ちます。いろいろな情報を集めて素敵な家を建てましょう。

Search